このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。 トレンド情報

宝塚歌劇団の公演日程見直しとファンの反応を解説

スポンサーリンク

2023年12月15日に宝塚歌劇団より公演日程の見直しが発表されました。
この公演日程見直しは劇団員の健康を考慮した決断ですが、チケット取得者に向けた宝塚歌劇団の対応の悪さからファンの間では賛否が分かれています。
この記事では、宝塚歌劇団が公演スケジュールを見直した背景と内容、ファンの生の声を細かく解説しています。

宝塚歌劇団の公演日程見直し内容と背景

写真引用:JIJI.COM

宝塚歌劇団の公演日程の見直しの背景

宝塚歌劇団(兵庫県宝塚市)の俳優の女性有愛きいさん(25)が9月に自殺した問題が明るみとなった事が、今回の公演見直しの背景となっています。
いじめ・パワハラを認めない宝塚歌劇団に対し、遺族の代理人弁護士が11月に東京都内で記者会見し「過重な業務や上級生劇団員のパワハラによって心身の健康を損ない、自殺に至った」と、劇団に対して謝罪と賠償訴えています。
公演や稽古、準備をしていた労働時間については、追ってではありますが、過労死を招くような過酷な環境であったことは認めています。
プレジデントオンライン社による「いじめ疑惑の詳細記事」

劇団員の過密スケジュールと健康問題

宝塚歌劇団は、12月15日午前に劇団員の健康と福祉を重視し、過密なスケジュールの見直しを決定しました。

この決定は、25歳の若き劇団員が過労が原因で亡くなった悲劇を受けてのものです。
劇団内での長時間労働と心理的負担が、この悲しい出来事の背景にあると指摘されています。

劇団は、稽古と公演の両立による過重労働を軽減し、劇団員の健康を守るための措置を講じることを決定しました。

公演日程の見直しの具体的内容

公演日程の見直しには、以下のような具体的な変更が含まれます。

項目変更内容
公演回数週10回から週9回への削減
新人公演東京宝塚劇場のみでの実施
初日日程一部公演の初日を後ろ倒し

これらの変更は、劇団員の負担を軽減し、より良いパフォーマンスを提供するためのものです。また、既に販売されているチケットについては、変更に伴い払い戻しを行うとしています。

しかしながら、
この対応に対して長年宝塚を応援してきたファンから、怒りの声や残念の声が出ているようです。

特に、星組宝塚大劇場公演の初日が1月1日から1月5日に変更された事に衝撃を受けている模様。
この初日公演が以下の理由からファンの間では「超レアチケット」となっている事が理由に挙げられます。

  • トップスターの礼真琴さんが主演であり、休演明けであること
  • 2024年は宝塚110周年で、その幕開け公演となっている
  • お正月の鏡開きがある
  • 初回限定の舞台挨拶がある

その「超レアチケット」が突然キャンセルされたことにより、
SNSで上で、宝塚ファンが怒りの声が溢れています。

この公演に限らず、宝塚歌劇団のチケットは入手困難なケースが多い事が理由に挙げられます
先着順チケットの発売初日は、朝10時から販売が開始されるが、だいたい9時を過ぎるとアクセスが集中してサイトに入れなくなる。
そこで熱心なファンは数時間前からアクセスして、10時までリロードし続けるのだが、今回の1月1日のチケットは午前6時からアクセスしても買えなかったようです。

新人公演の変更とその影響

特に注目されるのが、新人公演の変更です。
これまで宝塚大劇場でも行われていた新人公演が、今後は東京宝塚劇場のみでの実施となります。
この変更は、新人劇団員にとって重要な舞台経験の機会を減らすことになりますが、一方で彼らの過重労働を軽減し、健康を守るための措置として評価されています。

これらの改革は、劇団員の健康と福祉を最優先に考えた結果です。

ファンの間では、公演の変更による影響や、劇団員の健康に対する配慮に対して、さまざまな意見が交わされています。
宝塚歌劇団は、これらの改革を通じて、より持続可能で健康的な運営を目指しています。

宝塚歌劇団の公演スケジュール変更に伴うファンの声・口コミ

チケット購入者への影響と払い戻し対応

宝塚歌劇団の公演日程の見直しは、多くのチケット購入者に大きなな影響を及ぼしました。
特に、人気公演「RRR VIOLETOPIA」などのチケットは早朝からの争奪戦を経て購入されていたため、公演中止のニュースはファンにとって大きなショックとなりました。

劇団は、公演中止に伴うチケットの払い戻しを行うと発表し、この対応にはファンから感謝の声も上がっています。
しかし、交通機関のキャンセル料や宿泊予約の変更など、ファンが抱える追加的な負担に対する懸念もあります。

ファンの間の賛否両論

公演日程の見直しに対するファンの反応は賛否両論です。
一部のファンは、劇団員の健康と安全を最優先に考える劇団の決定を支持しています。
一方で、公演の楽しみにしていたファンからは、急な日程変更による失望や不満の声も聞かれます。

特に、既に完売していた公演の中止には、「後手後手すぎる」との批判もあり、劇団の対応に対する憤りの声も上がっています。

ファンの声、口コミ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


劇団の今後の対応と期待

宝塚歌劇団は、今回の公演日程の見直しを通じて、劇団員の健康と福祉を重視する姿勢を示しました。
劇団は、今後も劇団員やファンの声に耳を傾けながら、持続可能な運営を目指していくとしています。

ファンからは、劇団の今後の取り組みに対する期待とともに、より透明性のあるコミュニケーションを求める声も高まっています。
宝塚歌劇団の未来に対する期待は大きく、ファンは劇団の一層の発展を願っています。

スポンサーリンク

-トレンド情報