このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。 エンタメ・時事関連

「薬屋のひとりごと」なろうと小説の違いとマンガの関係は

スポンサーリンク


「薬屋のひとりごと」の複数出版の違いに興味はありませんか?この記事では、なぜ「薬屋のひとりごと」が「なろう」から始まり、Web版と小説版でどう変化したのかを探求します。

作品の進展、登場人物の変遷、スタイルの進化を通じて、「薬屋のひとりごと」がどのように多様な魅力を持ち、読者にどんな影響を与えているのかを紐解いていきます。

主題:「薬屋のひとりごと」となろうと小説の違い

猫猫(マオマオ)

「薬屋のひとりごと」のあらすじは、中華風の架空の帝国を舞台に、薬師として働く少女・猫猫(マオマオ)が後宮の下級女官として売られてしまうところから始まります。
後宮で目立たないように生活していた猫猫ですが、玉葉妃と皇子の衰弱を知り、薬師としての知識で病の原因を突き止め、解決します。

この行動が宦官の壬氏(じんし)の目に留まり、猫猫は宮廷内で様々な事件に巻き込まれていく異世界薬屋物語となっています。

>>U-NEXTの無料トライアルで「薬屋のひとりごと」を視聴する

「なろう」とは何か

「なろう」とは、「小説家になろう」という人気のウェブ小説投稿サイトの略称です。このプラットフォームは、多様なジャンルの小説をユーザーが自由に投稿し、読むことができる場所として知られています。

特に、ライトノベルやファンタジー、異世界転生などのジャンルで多くの作品が生まれ、中には商業出版されるものもあります。

「薬屋のひとりごと」の「なろう」での出発点

「薬屋のひとりごと」も、そのような成功例の一つです。この作品は2011年に「小説家になろう」で連載が始まりました。その後、その人気により2012年と2014年にノベライズ(書籍化)され、2017年にはさらにマンガ化されるという軌跡を辿りました​​。

この作品は、「なろう」での成功がきっかけで、多様なメディア形式で展開されるようになった典型的な例と言えます。

このように、「なろう」は新しい才能や独特のストーリーテリングが発見される場として、日本の出版業界において重要な役割を果たしています。

読者ガイド:どのバージョンから読むべきか

「薬屋のひとりごと」は、複数のメディア形式で楽しめる作品です。このガイドでは、小説とマンガの各バージョンの魅力と、それらをどのように読み進めるべきかについて解説します。

3-1. 各バージョンのおすすめポイント
この作品は、小説と漫画の両方で展開されており、それぞれ2種類ずつ存在します。

小説にはWeb版と書籍版があり、
マンガには「薬屋のひとりごと」と「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~」の2種類があります。マンガ版は書籍版をベースにしており、2種類を合わせることで、原作文庫の再現が得られます。

3-2. 読む順番の提案
以下は推奨される読む順番です。この順番はストーリーを理解しやすく、各バージョンの新要素を追いやすいです:

  1. Web版(小説家になろう)
  2. 書籍小説
  3. 漫画「猫猫の後宮謎解き手帳」
  4. 漫画「薬屋のひとりごと」

Web版で新要素が追加され、それが書籍版と漫画版のベースになっています。ただし、Web版と書籍・漫画を交互に読むのはおすすめされていません。混乱する恐れがあるためです。

全体として、好みに合わせて選ぶのが最良です。

>>U-NEXTの無料トライアルで「薬屋のひとりごと」を視聴する


各メディア形式の詳細解説

4-1. Web版の特徴と内容

「薬屋のひとりごと」のWeb版は、以下の編に分かれています。各編の内容と詳細を表形式で示します。

編の名称 詳細と簡単な概要
後宮編 後宮での出来事や猫猫の初期の冒険を描く。
宮廷編1 宮廷での猫猫の成長と謎解きを展開。
宮廷編2 宮廷のさらなる深い謎に猫猫が立ち向かう。
市井編1 市井(市場)での日常と事件を描く。
市井編2 市井で続く冒険と新たな挑戦。
砂欧編 砂欧という土地での新たな物語。
壬氏編 宦官壬氏に焦点を当てた物語。
壬氏編2 壬氏の背景と彼の周囲の物語をさらに掘り下げ。
西都編 西都での新たな舞台と冒険。

これらの編は、1話あたりの文章量が比較的短く、サクッと読むのに適しています。

4-2. 書籍版の魅力と違い
書籍版は、Web版を加筆修正したもので、著者は日向夏、イラストはしのとうこです。出版社は主婦の友社(ヒーロー文庫)で、2014年8月29日に発行されています。
2020年5月時点での巻数は9巻です。書籍版は年に1冊か2冊のペースで発売されているため、少しスローペースですが、Web版と比べて加筆修正された内容を楽しむことができます。

4-3. 漫画版の概要と特色
マンガ版には「薬屋のひとりごと」と「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~」の2種類があります。原作原案は日向夏としのとうこで、作画は「薬屋のひとりごと」がねこクラゲ、「猫猫の後宮謎解き手帳」が倉田三ノ路です。掲載誌はそれぞれ月刊ビッグガンガンと月刊サンデーGXで、コミックはビッグガンガンコミックスとサンデーGXコミックスから発行されています。

2023年12月1日現在での出版情報
・「薬屋のひとりごと」 2023年9月29日 17巻まで発刊
・「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~」 2023年9月29日 17巻まで発刊

原作者の日向夏さんのx(Twitter)


「薬屋のひとりごと」のあらすじとキャラクター

5-1. 物語のあらすじ
「薬屋のひとりごと」は、中華風の架空帝国を舞台にした物語です。主人公は猫猫(マオマオ)という名の少女で、医師の父の下で薬師として働いています。
ある日、彼女は薬草を採るために出かけた際に人攫いによって誘拐され、後宮の下級女官として売られてしまいます。後宮で、猫猫は薬師であることを隠して、目立たないように働いていました。

しかし、玉葉妃と皇子の衰弱を知り、興味本位で彼らの元に向かい、薬師としての知識で病気の原因を突き止め解決します。この行動が宦官壬氏の目に留まり、猫猫は上級妃と皇子の推薦で上級妃付きの侍女に出世しますが、壬氏の関心を引き、宮廷内の様々な事件に巻き込まれていきます。

5-2. 主要キャラクターの紹介

  • 猫猫(マオマオ):物語の主人公で、知識豊富な薬師。好奇心旺盛で、謎解きや推理に強い興味を持っています。
    声優:悠木 碧(ゆうき あおい)
  • 壬氏(じんし):宦官で、猫猫の才能に注目し、彼女の能力を利用しようとします。猫猫との関係が物語の重要な要素の一つです。
    声優:大塚 剛央(おおつか たけお)
  • 玉葉妃(ぎょうくようひ):翡翠宮に住む上級妃で、「貴妃」の位を持つ四夫人の1人。
    声優:種﨑 敦美(たねざき あつみ)
  • 梨花妃(りふぁひ):水晶宮に住む上級妃で、「賢妃」の位を持つ四夫人の1人。
    声優:石川由依(いしかわ ゆい)

物語はこれらのキャラクターを中心に展開し、彼らが宮廷内の謎や事件に立ち向かう様子を描いています。

結論:「薬屋のひとりごと」のなろう版の魅力と読者への影響

6-1. 作品が持つユニークな要素

「薬屋のひとりごと」は、その原作小説(Web版)、書籍版小説、そして2種類のマンガが存在し、それぞれが異なる魅力を持っています。
Web版と書籍版、そして漫画版は大きく異なる内容を持っており、漫画は2種類の間でもストーリーに影響がない程度に違います。

この多様性は、同じ物語を異なる角度から楽しむことを可能にし、豊かな読書体験を提供します。

6-2. 読者に与える影響と意義

「薬屋のひとりごと」は、読者にとってアクセスしやすい作品です。
Web版から始めることも、書籍版やマンガ版から読み始めることもできます。書籍版とマンガを組み合わせることで、物語の深みをより楽しむこともできます。この作品は、読者に異なるメディア形式で同じ物語を異なる視点から楽しむという新しい体験を提供し、多くのファンに影響を与えています。読みやすいものから始めて、物語の世界に没頭することが推奨されます。

合わせて読みたい

「薬屋のひとりごと」壬氏(じんし)プロポーズの行方

2024/1/14  

「薬屋のひとりごと」の世界では、壬氏(じんし)のプロポーズが大きな転機を迎えています。 この物語の中心的な出来事は、多くの読者の心を揺さぶり、続きが気になる展開を生み出しています。では、壬氏(じんし) ...



お得に電子書籍を読むなら断然ココ!(Amebaマンガ)

Amebaマンガなら「薬屋のひとりごと」「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~」が新規登録で
なんと全巻50%OFF!2023 年12月8日以降

さらに、さらに、お友達紹介キャンペーンでお友達を紹介すると、
1,500円分のクーポン までもらえちゃいます。

>>40%OFFでお得に「薬屋のひとりごと」を読む




スポンサーリンク

-エンタメ・時事関連