このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。 ご当地情報(東海エリア)

熱田祭り2024の花火の開催はいつ?花火の打ち上げは何時から何時?アクセスは?

スポンサーリンク

名古屋市で毎年開催される熱田祭りの花火はいつ開催されるのでしょうか? 
知らずに終わっていたという経験はありませんか?

また、何時から何時まで打ち上げられるのかを知りたいですよね。
2024年の熱田祭りの花火大会は、6月5日に開催され、午後7時50分から午後8時30分までの40分間、美しい花火が夜空を彩ります。
屋台・アクセス・穴場スポットまでを完全ガイドします。

熱田祭りの花火を見逃さないために、日程と時間をしっかりと確認し、最高の観覧スポットを見つけましょう。

この記事で解消できる悩みやポイント

  • 名古屋市で開催される熱田祭りの花火大会は2024年6月5日開催
  • 花火の打ち上げ時間は午後7時50分から午後8時30分まで
  • 花火は熱田神宮の境内から打ち上げられ、見どころは大玉花火と音楽に合わせた花火ショー
  • 観覧スポットは、正門前広場、宮川公園、熱田公園が人気で、白鳥公園などの穴場もおすすめ

名古屋熱田祭りの花火はいつ?何時から何時まで?

熱田祭り 花火大会

熱田祭りの花火大会は毎年6月5日に開催されます。
2024年の花火大会も例年通り、6月5日に予定されています。

花火の打ち上げ時間は午後7時50分から午後8時30分までの約40分間です。
この時間帯には、美しい花火が夜空を彩り、訪れる人々を魅了します。

熱田祭りの概要

熱田祭りは、名古屋市熱田区にある熱田神宮で行われる伝統的な祭りです。

熱田神宮は、日本の歴史の中で非常に重要な神社です。
創建は1900年以上前に遡り、三種の神器の一つである草薙神剣を祀っています。
熱田祭りは、その長い歴史と伝統を背景に持ち、地元の人々にとって欠かせないイベントとなっています。
この祭りは、神宮の御神徳を広めるために始まり、今では地域の文化と結びついています。

祭りの主な会場は熱田神宮境内とその周辺エリアです。
当日は、境内で様々な神事やイベントが行われ、多くの屋台・露店が並びます。
訪れる際は、早めの時間に到着して、祭りの雰囲気を存分に楽しむことをお勧めします。
花火大会の開始前には、多くの人々が集まるため、交通規制や混雑に注意が必要です。

時間帯イベント
午前10時神事・儀式開始
午後3時屋台・露店開店・各種イベント開始
午後7時50分花火大会開始
午後8時30分花火大会終了
熱田祭り花火大会の当日のスケジュール

これらの情報をもとに、熱田祭りを存分に楽しんでください。
詳細なスケジュールやイベント内容については、公式サイトや現地の案内を確認してください。

熱田祭りの花火大会の詳細

熱田祭り花火大会2024は、色とりどりの大玉花火や音楽とシンクロした花火ショーが特徴で、多くの観覧者を楽しませています。
特に、熱田神宮の美しい境内を背景にした花火の光景は、一見の価値があります。

花火大会の日程と時間

熱田祭りの花火大会は2024年6月5日(水)に開催されます。
花火の打ち上げ時間は午後7時50分から午後8時30分までの40分間です。
この時間帯には、様々な種類の花火が夜空を彩り、訪れた人々を魅了します。

花火の打ち上げ場所と特徴

花火は熱田神宮の境内から打ち上げられます。
この場所は広く開けたエリアで、観覧者はどこからでも見やすいのが特徴です。
特に、色とりどりの大玉花火が夜空を鮮やかに彩り、毎年多くの観覧者を楽しませています。
音楽に合わせた花火の演出も見どころの一つです。

花火大会の見どころと見学スポット

花火大会の見どころは、豪華絢爛な大玉花火と音楽とシンクロする花火ショーです。
観覧スポットとしては、熱田神宮の正門前広場や宮川公園が人気です。
これらのスポットは花火を間近で楽しむことができ、写真撮影にも最適です。
また、混雑を避けたい場合は、少し離れた場所にある穴場スポットもおすすめです。
早めに場所を確保することで、より快適に花火を楽しむことができます。

熱田祭りのイベントスケジュール

引用:中日新聞Web

熱田祭りは、花火大会以外にも多くの魅力的なイベントが開催されます。
ここでは、祭り全体のスケジュールや、花火大会以外の楽しみ方について詳しく紹介します。

祭り全体のスケジュール

熱田祭りは一日を通じて様々なイベントが行われます。
以下は2024年のスケジュールの概要です:

時間帯イベント内容
午前10時神事・儀式開始
午後1時伝統芸能の披露
午後3時露店開店・各種イベント開始
午後6時舞台パフォーマンス
午後7時50分花火大会開始
午後8時30分花火大会終了
屋台・露店まで含めた当日のスケジュール

花火大会以外の楽しみ方

熱田祭りには花火大会以外にも多くの楽しみがあります。
例えば、神社の境内では伝統的な舞踊や音楽のパフォーマンスが行われます。
また、祭りの期間中には多くの露店が並び、地元の美味しいグルメを堪能することができます。
さらに、子供向けのアトラクションやゲームコーナーもあり、家族連れにも最適です。
訪れる際には、花火だけでなく、これらのイベントもぜひ楽しんでください。

熱田祭りのアクセス情報

熱田祭りに訪れる際のアクセス方法についてご紹介します。
公共交通機関と車でのアクセス方法、それぞれの利点を活用して快適にお越しください。

公共交通機関の利用方法

熱田祭りへの最寄り駅は、名古屋市営地下鉄名城線の「神宮西駅」です。
駅からは徒歩約5分で神宮に到着します。
また、名鉄(名古屋鉄道)本線の「神宮東門駅」からも徒歩約5分です。
混雑を避けるために、公共交通機関の利用をお勧めします。

車でのアクセスと駐車場情報

車でお越しの場合、名古屋高速道路「堀田出口」から約10分で熱田神宮に到着します。
しかし、祭り当日は周辺道路が交通規制が行われるため、公共交通機関の利用が推奨されます。
駐車場は神宮周辺に複数ありますが、早めに到着しないと満車になる可能性があります。
また、臨時駐車場も設けられることがあるので、公式サイトで最新情報を確認してください。

花火大会のおすすめ観覧スポット

花火大会を最大限に楽しむためには、見やすい場所や穴場スポットを知っておくことが重要です。
ここでは、おすすめの観覧スポットとその利点を紹介します。

見やすい場所3選

  1. 熱田神宮の正門前広場
    正門前広場は、打ち上げ場所から近く、迫力ある花火を間近で楽しむことができます。
    早めに場所を確保することがポイントです。
  2. 宮川公園
    宮川公園は、広々としたスペースで花火を観覧できる人気スポットです。
    ピクニック気分で家族連れにもおすすめです。
  3. 熱田公園
    熱田公園は、比較的混雑が少なく、ゆったりと花火を楽しむことができます。
    公園内の芝生エリアでリラックスして観覧できます。

穴場スポットとその利点

  1. 白鳥公園
    白鳥公園は、少し離れていますが、混雑を避けることができる穴場スポットです。
    花火の全景を一望できるため、写真撮影にも最適です。
  2. 熱田神宮南門付近
    南門付近は比較的空いており、静かに花火を楽しむことができます。
    観覧スペースが広いため、家族連れにもおすすめです。
  3. 神宮西駅周辺
    神宮西駅周辺は、駅からのアクセスが良く、混雑を避けられる穴場スポットです。
    電車利用の方には便利な場所です。

これらのスポットを参考に、熱田祭りの花火大会を存分に楽しんでください。
早めの場所取りが快適な観覧のポイントです。

屋台・露店とグルメ情報

熱田祭りには、多くの屋台が並び、訪れる人々に様々なグルメを提供しています。
ここでは、屋台の種類やおすすめグルメ、屋台エリアの配置とその特徴について紹介します。

屋台・露店の種類とおすすめグルメ

熱田祭りでは、以下のような多彩な屋台が楽しめます:

  • 串カツ:名古屋名物のみそ串カツとソースが選択でき特に人気です。
  • たこ焼き屋台:外はカリカリ、中はトロトロのたこ焼きが人気です。
  • 焼きそば屋台:特製ソースと具だくさんの焼きそばは、子供から大人まで楽しめます。
  • 綿菓子屋台:ふわふわの綿菓子は、祭りの定番スイーツです。
  • 唐揚げ屋台:ジューシーな唐揚げは、ビールのお供にもぴったりです。
  • かき氷屋台:夏の暑さを吹き飛ばす、冷たいかき氷は必見です。

これらの屋台は、祭りの雰囲気を一層盛り上げてくれます。

屋台エリアの配置と特徴

屋台エリアは、熱田神宮の境内とその周辺に広がっています。
主な屋台エリアは以下の通りです:

  1. 本殿前広場:多くの屋台が集まる中心エリアで、幅広い種類のグルメが楽しめます。
  2. 南門エリア:比較的混雑が少なく、ゆったりと屋台巡りができるスポットです。
  3. 参道沿い:神宮に向かう参道沿いには、伝統的な和風屋台が並びます。

各エリアごとに特徴があり、好みに合わせて楽しむことができます。
早めに訪れて、色々な屋台を巡るのがおすすめです。

熱田祭りを最大限に楽しむためのポイント

熱田祭りをより楽しく、快適に過ごすためのポイントを紹介します。

持ち物リストと事前準備

熱田祭りを楽しむためには、以下の持ち物を準備すると便利です:

  • レジャーシート:座って花火を観覧するための必需品。
  • 飲み物:水分補給のために、十分な量を持参しましょう。
  • 日焼け止め:日中の日差し対策に。
  • 軽食:屋台の混雑を避けるため、予備の軽食を持参すると便利です。
  • 現金:屋台での買い物に備えて。

事前に天気予報を確認し、雨具や防寒具の準備もお忘れなく。

混雑を避けるためのコツ

混雑を避けるためのポイントを以下にまとめました:

  • 早めに到着する:特に人気の観覧スポットは早めに場所を確保することが重要です。
  • 平日に訪れる:可能であれば、平日に訪れることで混雑を避けやすくなります。
  • 公共交通機関を利用する:車でのアクセスは渋滞が予想されるため、公共交通機関を利用することをおすすめします。
  • 少し離れた場所で観覧する:穴場スポットを探して、混雑を避けるのも一つの手です。

これらのポイントを参考に、熱田祭りを快適に楽しんでください。

まとめ:熱田祭り花火はいつ?、何時から何時までを詳しく説く

引用:中日新聞Web

熱田祭りと花火大会の魅力

熱田祭りは、名古屋市熱田区にある熱田神宮で毎年6月5日に開催される伝統的な祭りです。
この祭りのハイライトは、午後7時50分から午後8時30分までの40分間にわたる花火大会です。
色とりどりの大玉花火や音楽とシンクロした花火ショーが、訪れた人々を魅了します。
さらに、祭りでは伝統芸能の披露や多彩な屋台が楽しめ、神宮の美しい境内を背景にした花火の光景は一見の価値があります。

祭りの見逃せないポイントとまとめ

熱田祭りを最大限に楽しむためには、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう:

  • 早めの到着:人気の観覧スポットを確保するために早めに訪れましょう。
  • 公共交通機関の利用:周辺の混雑を避けるために、公共交通機関を利用するのが便利です。
  • おすすめの観覧スポット:熱田神宮の正門前広場や宮川公園、白鳥公園など。
  • 屋台巡り:多彩な屋台で地元のグルメを堪能することも忘れずに。

これらのポイントを参考に、熱田祭りと花火大会を存分に楽しんでください。
素晴らしい思い出となること間違いなしです。

スポンサーリンク

-ご当地情報(東海エリア)